シミを改善する方法

メラニン色素生成を抑制するのがポイント

シミで最も多いのは「老人性色素斑」です。紫外線などを浴び続ける事で、頬骨あたりに発生します。その他、ニキビが原因の炎症性色素沈着、ホルモンバランスが原因の肝斑などがあります。ここではシミを改善する方法について紹介します。

●保湿ケアでシミ対策
シミは紫外線や活性酸素などの原因がで発生します。また、乾燥による外部刺激もシミの原因となります。 紫外線を浴びると、肌を守るためにメラニン色素が作られます。メラニン色素は肌が健康な状態であれば、肌の表面にまで押し出され、排出されます。しかし、肌が水分不足の状態だとターンオーバーが乱れてしまい、メラニン色素がスムーズに排出されなくなります。

保湿対策にはセラミドが配合された化粧水がおすすめです。 人間の肌にも存在するセラミドには優れた保湿効果があり、角質のバリア機能を高めます。 セラミドによってバリア機能が改善すると、肌水分量が増えてターンオーバーが整います。その結果、シミの排出も促進します。

●美白成分を配合した化粧品
シミの多くは紫外線を浴びることで発生します。紫外線を浴びると、エンドセリンと呼ばれる伝達物質が発生し、メラノサイトを刺激します。その結果、チロシンとチロシナーゼ酵素が結合し、メラニン色素が発生します。シミに有効な美白成分を幾つか紹介します。

・ビタミンC誘導体・・シミの原因となるチロシナーゼ酵素を阻害します。
・トラネキサム酸・・紫外線を浴びると発生する伝達物質を阻害します。
・アルブチン・・チロシナーゼ酵素を阻害する美白成分
・ハイドロキノン・・出来てしまったシミを薄くする作用がある美白成分

●ピーリング
フルーツ酸を配合した石鹸等を使用し、古い角質を取り除く作用があります。その結果、新陳代謝が活性化します。ターンオーバーが早くなることで、シミの原因となるメラニン色素の排出をサポートします。

●プラセンタ
プラセンタ注射やサプリメントの服用もシミの改善をサポートします。特に、プラセンタ注射は、ダイレクトに細胞を活性化する働きがあります。細胞を活性化することで、代謝があがり、シミの排出を促進します。

●レーザー治療
美容外科で行われるシミ治療です。Qスイッチルビーレーザーと呼ばれるレーザーをしようし、皮膚の内部にあるメラニン色素を壊す働きがあります。コラーゲンや血管にダメージを与える事なく、メラニンに吸収される694nmの波長を出して、シミに働きかけます。

シミ対策におすすめの乾燥肌化粧水 BEST3

サエル
サエル

敏感肌におすすめの美白
 美白成分でシミを改善!
 保湿成分で潤いキープ!
 炎症や酸化などのダメージ抑制!


サエルには美白成分をたっぷり配合。化粧水にはビタミンC誘導体、美容液にはアルブチン、デイリリー花発酵液、セイヨウノコギリソウエキスなどを配合し、シミの改善をしっかりとサポートします。

サエルの化粧水には天然保湿因子となるアミノ酸を豊富に配合。美容液とクリームには角質層の細胞間脂質となるセラミドを配合し、肌水分をしっかりとキープします。さらに、炎症を抑えるコウキエキス、酸化を抑えるアルニカエキス、ムラサキシキブエキスなども配合し、肌ダメージを抑えます。

価格 1,480円
容量 化粧水、美容液、クリーム
成分 ビタミンC誘導体、アルブチン、コウキエキス、セラミド、アミノ酸など
アスタリフト
アスタリフト

美白とエイジングケアをサポート
 ビタミンC誘導体でシミ予防
 抗酸化成分で肌老化を抑制!
 保湿成分もたっぷり配合!


アヤナスは化粧水、美容液、クリームのセット。水溶性ビタミンC誘導体を配合し、シミの発生を予防します。さらに、紫外線などによって発生する活性酸素を阻害するアスタキサンチン、リコピンも配合しています。

アスタリフトには保湿成分として3種類のコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなども配合。先行美容液にはヒト型セラミドを配合し、角質層のバリア機能をしっかりと改善、保湿とエイジングケアをサポートします。

価格 1,080円
容量 先行美容液、化粧水、美容液、クリーム
成分 ビタミンC誘導体、アスタキサンチン、リコピン、3種類のコラーゲンなど
アンプルール ラグジュアリーホワイト
アンプルール

美白をサポートする保湿化粧水

 ハイドロキノンでシミ発生を予防
 セラミドで角質層を保湿!
 抗酸化成分でエイジングケア!


美白成分にハイドロキノンを配合し、メラニン色素の発生を予防します。さらに、角質層のバリア機能を改善するセラミドや活性酸素を阻害する抗酸化成分などの美容成分を贅沢に配合。シミ対策に加え、保湿やエイジングケアをしっかりとサポートします。

価格 5,400円
容量 化粧水:120ml
成分 ハイドロキノン、セラミド、αリポ酸、ビタミンC誘導体など


シミにおすすめの化粧水「サエル」

角質バリアとメラニン抑制がポイント


シミ対策で大事なのが紫外線対策。日焼け止めやパウダーファンデーションを塗る前に角質層のバリア機能を整える必要があります。乾燥すると角質バリアは乱れ、外部刺激が入りやすくなります。その為にメラノサイトの働きが活発になり、シミができやすくなります。サエルにはセラミドの産生を促進する「白様雪」を配合し、外部刺激の侵入を抑制します。

サエルには美白成分「ビタミンC誘導体」を配合しています。ビタミンC誘導体はメラニン色素を生み出す酵素「チロシナーゼ」の働きを阻害し、シミの生成を予防します。さらに、ビタミンC誘導体には出来たシミを薄くする働きもあります。その他にも、メラノサイトに刺激を与える炎症を抑制するコウキエキスを配合してシミの発生を防止します。


悩み別におすすめの乾燥肌化粧水

アトピー

アトピー肌におすすめの乾燥肌化粧水。アトピー肌は角質層のバリア機能が乱れている状態です。バリア機能を改善し、アレルゲンをブロック。
アトピー化粧水はコチラ

シワ

シワは加齢によるコラーゲンの減少が引き起こします。また乾燥していると紫外線がダイレクトに真皮に届き、細胞に影響を与えます。
シワ化粧水はコチラ

シミ

シミの多くは紫外線の影響です。角質層のバリア機能で紫外線をブロックし、チロシナーゼを阻害してメラニン色素を作らせないことがです。
シミ化粧水はコチラ

ニキビ

ニキビは乾燥やストレスなどによるターンオーバーの遅れ、角質層が厚くなって毛穴が塞がり、皮脂がたまることで発生するアクネ菌対策がポイント。
ニキビ化粧水はコチラ
アヤナス
ヒト型ナノセラミドが角質層にしっかり浸透し、バリア機能を改善。抗炎症作用のある植物エキスなども配合。
アスタリフト
肌老化の原因となる活性酸素を阻害するアスタキサンチン、リコピンをはじめ、保湿成分もたっぷり配合。
米肌
セラミドの産生をサポートするライスパワーエキスをはじめ、保湿作用のある大豆、ビフィズス菌の発酵エキス配合。
紫外線によるメラニン色素の生成を改善する化粧水について紹介します。